FC2ブログ

スポンサーサイト



痩せる為の10個のポイント【食事】






どうしたら痩せるのか??
まずは食生活を見直すことです。

今回は、痩せるために日々の食事で
気をつけるポイント10個を紹介します





【食事で気をつける10のポイント】

①糖分を控える

糖質=炭水化物なので、基本炭水化物が多いものは
出来るだけ控えたほうがいいです。
次のものは、糖分が少なくオススメです。
キュウリ、レタス、大根、もやし、豆腐、油揚げ


②メニューに野菜の量を増やす

⇒世の中には様々なダイエット法がありますが、
「野菜はダイエットに効果がない」
と言っているダイエット法はありません。

「野菜の量を増やすこと」が痩せるためには必須ですよ

③外食してもヘルシーなものを食べる

ダイエット中は外食を避けたいのですが、
付き合いで外食をすることもあると思います。

その時に「ヘルシーなメニューを頼む」
ことを意識してください。
全然効果が違いますからね。
例えば、おそば、うどん、豆腐ハンバーグ、
野菜炒め等、ヘルシーなメニューってありますよね


④外食は出来るだけ控えて、自炊をする

ダイエットを行うのであれば、自炊を心がけましょう。
正直、太る原因って「外食」「間食」の影響が大きいんですよ。

味は薄め、野菜中心のメニューで自炊しましょうね!
料理が苦手な人は、野菜炒め、ご飯、お味噌汁とかがいいですね


⑤炭酸・カフェオレを辞めて水・お茶を飲む

今すぐ、炭酸やカフェオレ等のジューズ類は
辞めて水やお茶に切り替えてください。
黒烏龍茶などは脂肪燃焼効果もあってオススメですよ






⑥ジャンクフードは食べない(友達の誘いで行っても出来るだけヘルシーなものを頼む)

ジャンクフードは危険ですよ。
今までの努力が無駄になる可能性もあります。
出来るだけ避けてください!

行く場合は、店の中で一番ヘルシーなものを頼むことです。


⑦間食をしない
これが太るきっかけです。
間食してますよね??
本気で痩せて変わりたいなら、
今すぐ辞めるようにしてください!


⑧お菓子を買わない

ご飯食べた後にお菓子食べたり、
おやつの時間ありませんか??

本当に痩せたいなら辞めましょう
カロリーの低いお菓子なら大丈夫という
発想も危険ですよ。


⑨朝・昼・夜と三食ちゃんと食べている

三食ちゃんと取らないと、間食する原因になります。
しっかり朝ご飯、昼ごはん、夜ご飯はとってくださいね


⑩カロリー計算が頭の中で出来、何を食べるべきかわかってから注文する

これが出来れば、痩せるための計算が出来るはずです。
食に詳しくなれば、後は忍耐だけですよ。
普段食べているもののカロリーをしっておくことは
ダイエットに良い効果をもたらします


※ただし、ダイエット=減食と考えるのは辞めてください。
食事制限ダイエットはほぼ100%失敗します。

ダイエットは食事制限が大事だと思います。
が、食事を制限するだけだとリバウンドの原因になります。
栄養バランスを考えながら食事を制限して、運動やエクササイズもしっかりしてくださいね










サウナにダイエット効果はある?ない?






サウナでたっぷり汗を流した後、体重を量ると減っている!短時間で体重が減るので嬉しくなってしまいますが、これはやせたと言えるのでしょうか?



本格的な夏を迎える前に、急いで体重を落としたい!と、焦っている女子のみなさん、サウナでやせた気になる前によく読んでくださいね。




サウナの後の体重減少は、たくさん汗をかいてカラダの水分が減っただけ。その後で水分を補給すれば体重はまた元に戻ります。



だからと言って水分補給を怠れば、血液がドロドロになり血栓ができやすくなってしまいます。



汗をかいたら必ず水分を摂りましょう。



もちろん、高温サウナで体温を上げても脂肪が減るわけではありません。



サウナでは即効性のあるダイエット効果は見込めないと言えます。



けれど、サウナに入るメリットはいろいろあります。ですから、直接的にはダイエットと結びつかなくても、間接的には十分に健康、美容、ダイエット効果が期待できます。



例えばどんなメリットがあり、効果が期待できるのかは、次のとおり。



●体を温めて血行促進
全身に酸素や栄養が行き届き、新陳代謝が活性化されます。疲労回復や冷え症の改善にも有効です。



それに、体温や代謝が高まれば、それだけ脂肪を燃焼しやすい体になります。これに日ごろ運動する習慣をつければ、ダイエット効果は飛躍的に高まるはずです。



●汗をかいて疲労物質など有害物質を排出
デトックスされて体内がきれいに浄化されれば、免疫力がアップしてアレルギー症状を抑えるなど、体調の改善が期待できます。



汗をたくさんかくことで毛穴のお掃除ができるので、美肌効果にもつながります。



●温冷浴が可能
「温」と「冷」の刺激を交互に浴びることにより、脳と自律神経が鍛えられ、また、血管や皮膚の鍛錬ができます。



脳と自律神経が鍛えられると、寒さ暑さに対する耐性が高まります。気候が変化する度に風邪をひきやすいという方にはうってつけです。



また、脳が鍛えられることで、記憶力が高まるという研究報告もあるようです。



●サウナは北欧フィンランドが発祥の地
およそ2000年以上も前からフィンランドの人々の健康を維持するために欠かせないものになっています。もともとは食物の燻製小屋に出入りしていた人々が、小屋で汗を流すようになり体調が良いことに気づいたことから始まったそうです。



そんなフィンランドの人たちに倣って、正しいサウナの入り方もご紹介しましょう。
・初回は5~10分程度に抑え、外に出てクールダウンもしくは冷水を浴びる。
・サウナに入る時間を徐々に長くして、30~60分程度までに増やす。
・サウナの利用中は水分を十分にとること。汗にはミネラル分が多量に含まれるため、水分補給にはスポーツドリンクなどがおすすめです。




トマト


栄養成分
ビタミンの宝庫と呼ばれるようにカロテン、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB6等を含み、カリウムも豊富に含んでいます。
赤い色はカロチノイド系色素のリコピンで、酸味はクエン酸やりんご酸。
ルチンや食物繊維のペクチンを含有しています。


効能
豊富なビタミンCがコラーゲンの形成を促し、カロテンが細胞の粘膜を強化し、美肌作りに有効に働きます。
リコピンは抗酸化力が高く細胞の酸化を防ぎ、ビタミンEの働きと一緒に、老化防止やがん予防に効果を発揮します。酸味が胃液の分泌を促して消化を高め、ビタミンB1が疲労回復に働きます。
カリウムが余分なナトリウムを排出し、高血圧の予防効果が高く、ペクチンが腸内を整え便秘解消に有効に働きます。

調理する時の注意
● ビタミンCなどの水溶性のビタミン類を有効に取り入れるには、加熱しない方がよい。
● リコピンは加熱すると吸収が高まるので、抗酸化力を期待する場合は加熱した方がよい。
● 太陽を十分に浴びて完熟したものほど、ビタミンCの含有量が高い。
● リコピンは赤い色に含まれているので、色が赤く鮮やかなものを選ぶとよい。リコピン含有は、加工用トマトの方が高い。
● 皮や種にも薬効が含まれているので、丸ごと食べるとよい。
● 酸味が脂っこさを中和するので、肉類と一緒に調理するとよい。

夜トマトダイエット

夕食と一緒にトマトを摂取する


生のトマトでも、加熱調理しても、トマトジュースでもOK!
 成長ホルモンの分泌をアップさせるために、夜食べるのがおすすめです。
いろいろな調理法があるのがトマトの魅力なので、楽しめます!



最低3ヶ月、理想は6ヶ月続ける



数週間続けただけでは変化が見られないもの。
肌や爪の生まれ変わりサイクルが平均6カ月なのと同様に、体の変化もこのくらいの期間で表われます。
だから、無理しない程度に、6カ月継続してみましょう。



できるだけ規則正しい生活を心がける


どのダイエットにも共通しますが、暴飲暴食、睡眠不足、偏食はNG。
基礎がしっかりあってのトマトパワーなので、起床・就寝時間、食生活などを整えて健康を保つように心がけましょう。

お酒はOK!
ストレスはダイエットの大敵! ストレス解消できるなら飲んで◎。



1日にリコピンを15mg以上とる!

効果が出るかでないかは、トマトに含まれる「リコピン」の量で決まります。
代謝を上げるのに必要な量が、15mg。より赤いほうがリコピンが多いので、赤いものをチョイスして。
ミニトマトでもOK!



分量の目安
生で食べるなら……大2個orミニトマト17個
トマトジュースなら……350mlを2~3本が効果的
料理なら……ホールトマト缶なら1缶弱